law@T.F.E.

アクセスカウンタ

zoom RSS 監督通信 鈴鹿8耐参戦?記

<<   作成日時 : 2013/08/13 22:48  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

週末名古屋出張だったし、こっそり参加しようと思っていましたが、
なかなか都合がつかない最近です。
監督はそれなりに楽しんだようす。ただ、雨、最後まで見られないってのは、学生の時とはやっぱり違いますね。


7月最後の日曜日。
鈴鹿8時間耐久ロードレースを観に行ってきました。
朝5時すぎにRZで出発。近畿道から西名阪、名阪国道から鈴鹿へ。
約4時間、200キロの行程。往復8時間、観戦8時間とまさに耐久レースです。
今回参戦というにはもう一つ理由があってサイドイベント、MOTOMAXの80'sタイムトリップパーキングに参加する為である。
展示会場が9:30〜19:00なので9時すぎには入る予定。
朝の高速は空いていて西名阪の天理SAにバイクが集結していた以外は順調に進みました。
予定どうり9時すぎに鈴鹿に到着。しかしガソリンがカツカツでゲート前で給油。これが後で思わぬ事態を引き起こす事になるのだが。
事前にパスを貰っていたのでバイクでゲートをスルーし会場へ。
受付を済まして駐車し預けるとサーキットゲートへ。
メインスタンド前の広場では様々なブースが設けられスタートまで時間があるのでーッづつ廻ることにします。
ホンダブースでストーナーのRC212Vを撮影し、売店でタオルとVR46のキャップをGet。
日的の一つ、展示車両ブースでケニーのYZR3台、テック21FZR。また8耐優勝車のYZF2台を見てまわった。
となりの「バリ伝」ブースでは市販車のCBやカタナ他、レーサーではガードナーのNSRにローソンのYZR、スペンサーのRS250、平がサンマリノで勝った時のYZR250が展示されていた。
BSブースに行くと#46YZR-M1があり壇上では宮城光のトークショーが行われていた。
トークショーが終わり端で見ていた自分のほうに降りてきたので声をかけようと思ったのだが、熱心な女性ファンとスタッフに阻まれ断念。
天気が怪しくカッパもあるにも関わらず荷物をバイクに残していくことが出来なかったので両手いっぱいの為、一旦落ちつこうとメインスタンドに向かいます。
そう、今回はスタンド指定席を取っているのです。
暑さともしもの雨対策。それと特に耐久レースはグランドスタンドで観てないと順位や展開が判からないので。
スタンドに行くと丁度ケニーのデモランが始まるところだった。
おう、危ない危ない。宮城と握手してたら間に合わんところだった。(この後宮城はあちこち1日中トークショーだった)
今回、レース以前に目的はキング・ケニーなのだ。
白頭鷲のヘルメットにテック21のツナギを着たケニーは'87テック21YZFに跨がりレーシングサウンドを響かせた。
遠目ではスタイルは判らないので当時のままの雄姿であった。
その後サーキットはスタート前の慌ただしさに包まれていく。
因みに席はスタンドの最上列で快適。となりの人が滋賀からー人で来た人で同い年だった為話が合い、ー緒に観る感じになった。
その人はスズキのファンらしくシュワンツとヨシムラの応援である。
私はと言えばケニーメインで情報が少なかったのだが、やはりシュワンツを中心にヤマハモンスター、伊藤真一、青木宣篤あたり。
レース前からスタート、3人目(シュワンツ)の走りまで観てー度外へお散歩に。
自分にとってのメインイベント、タイムトリップパーキングの記念撮影が3:30からなのだ。
ゲストはケニー。
実際観戦に来ても会える可能性は解からない中、特別イベントで参加なら確実に会える。もっとも集合写真との事なので近づけるかはこれもまた不明。しかしチャンスはあるかも知れない。
期待を持ちつつ会場を訪れると、
「あげっ、RZのタンクからガソリンが溢れとる!」
これは大失態。満タン入れ過ぎのガソリンが膨張してキャップから溢れてべチャッと広がり陽で焼き付いとる。
せっかくの展示なのに汚れて台無しだ。
タオルで拭いてもとても落ちそうにない。
焦って拭いているうち時間が来てキングの登場。
皆撮影の場所に陣取り拍手で出迎えた。
ご機嫌のケニーは近くの人と握手をしサインにも応じていた。
説明ではファンサービスは本人次第とのことだがこれは行けそう。
とりあえず集合写真を撮り終えて近づきます。
この時のために被らず取っておいたケニーレプリカヘルメットにサインをもらおうと握手。ペンを渡すとヘルメットを持ってサインをしてくれました。
思わず「グレート!」と叫んでしまいました。
その後もファンサービスは続きバイクとツーショット撮影にサインと大盤振る舞い。
さすがにこれはRZV500Rのオーナーなどコアなファンに限られた。
私もお願いしたかったのだけれど汚れたタンクではキングに失礼で傍観していると、つきそいの通訳のスタッフ(たぶん嫁さん、現嫁は能本出身の日本人)が「ヤマハのバイクがいっぱいあったら良かったのにね」とポツリ。
その時ケニーはRZのとなりのガンマに跨がっていたのでこれは行くしかないと、声をかけると応じてくれ、RZと、また自分も交えて撮影に応じてくれました。
さらに「タンクダーティ、ソリー」など訳の解らない英語を口走る自分をよそにRZのタンクにサインをしてくれました。
有りがたいやら申し訳ないやら複雑ですが感激です。ありがとう。
そのうちに時間が来て皆に見送られキングは去って行きました。勿論レーシングコースかイベントに戻るのだが。
目的を果たした後はまたレースに戻ります。
8耐本レースについては色んな媒体で見れると思うのでここでは書かないが、なかなか見応えのあるレースで充分堪能しました。
本当に来て良かった。充実したいい一日になりました。
しかしながら帰りを考えるとゴールを待たずに結果の見えた30分前の7時、MOTOMAXの終了と共に撤収することにしました。
すると心配された雨が降り出してきました。レースの波乱を予感しつつもサーキットを後にします。
ところが本日二度目の大失態。
名阪国道までの農道で道に迷ってしまい濡れながら1時間近く余分に走ってしまったのである。
こんなことなら最後まで観とけば良かったなどと思いつつ帰路につきます。
帰りは大部分ウェット路面でしたがほとんど濡れずにレインウェアなしで走りきりました。
深夜11時すぎに帰着。
フロとメシをとって爆睡?
キング、RZ、皆ありがとう。
では。

画像
画像



監督!、うれしいんでしょうねー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久し振りです。元気ですかね。
色々忙しいとは思ってはいましたが。
生活あってのバイクであり、また我々にとってはバイクは生活に彩りを添えるもの。
その時々に応じたバイクライフを楽しめればいいかと。
ナイスライド!
監督
2013/08/14 00:14
乗ってないんですよ。バイク。。。
しかも汚れたまんまで、1ヶ月くらい放置状態。
週末には、思い切って水遊び的に、バシャっと洗車でもしたいものです。
law
2013/08/15 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
監督通信 鈴鹿8耐参戦?記 law@T.F.E./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる